岳11~15

読書感想文の216回目のエントリーです。

石塚真一(2010)『岳11』(シリーズ<岳>11)小学館(ビッグコミックス)220pp


岳 みんなの山 11 (ビッグコミックス)
小学館
2010-02-27
石塚 真一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 岳 みんなの山 11 (ビッグコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



石塚真一(2010)『岳12』(シリーズ<岳>12)小学館(ビッグコミックス)222pp


岳 12 (ビッグコミックス)
小学館
2010-06-30
石塚 真一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 岳 12 (ビッグコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



石塚真一(2010)『岳13』(シリーズ<岳>13)小学館(ビッグコミックス)222pp


岳 みんなの山 13 (ビッグ コミックス)
小学館
2010-11-30
石塚 真一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 岳 みんなの山 13 (ビッグ コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



石塚真一(2011)『岳14』(シリーズ<岳>14)小学館(ビッグコミックス)206pp


岳 みんなの山 14 (ビッグ コミックス)
小学館
2011-04-28
石塚 真一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 岳 みんなの山 14 (ビッグ コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



石塚真一(2011)『岳15』(シリーズ<岳>15)小学館(ビッグコミックス)207pp


岳 15 (ビッグ コミックス)
小学館
2011-09-30
石塚 真一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 岳 15 (ビッグ コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



<岳>シリーズ(2012年3月現在、既刊16巻)の11~15巻目です。家人が「10冊で7泊8日400円だったから借りてきた」とレンタルしてきたので、MOTTAINAIから読んでおります。1~5巻、6~10巻に引き続き、5冊まとめて感想を上げてみます。

時代:現代
場所:主に北アルプス(回想シーンでは海外の山も)
主人公:島崎三歩 <しまざき さんぽ>(20代?30代?♂)
粗筋:三歩は、北アルプスに住み込んで山岳救助隊員としてボランティアに励んでいる。 (以下略

感想:14巻の75pに三歩が「山歴15年くらい」と発言するシーンが出てきてました。ということは、三歩は高校生の時から登山部だったわけなので、30歳くらいということでしょうか。でもまぁ、小学校や中学校の頃から登ってた可能性もあるし、三歩のレベルなら高校の登山部の活動は山歴に入れる程のものじゃない、って考えてカウントしてない可能性もあるので、そうとも言い切れないのですが。

 同じく14巻の112pと118pで、 「今回の活動費」という名目で3万円貰ってるシーンがありました。今回っていうのは、何日間働いてるんでしょうねー?そして、カツカツの生活をしているようでしたが、住居費と水道費はかからないと思うので、光熱費と通信費と食費と山用装備にお金が掛かるのでしょうか?山用のガスとか都市ガスに比べたら、とんでもなくコストが掛かりそうですもんねー。


岳 -ガク- Blu-ray豪華版(2枚組)
東宝
2011-11-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 岳 -ガク- Blu-ray豪華版(2枚組) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント