節電→読書三昧(予定)

アクセスカウンタ

zoom RSS 彩雲国物語 はじまりの風は紅く(シリーズ本編第1巻)

<<   作成日時 : 2011/07/02 01:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

読書感想文の2回目のエントリーです。

雪乃紗衣 (平成15=2003)『彩雲国物語 はじまりの風は紅く』(シリーズ<彩雲国物語>1)角川書店(角川ビーンズ文庫)223pp


彩雲国物語―はじまりの風は紅く (角川ビーンズ文庫)
角川書店
雪乃 紗衣

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 彩雲国物語―はじまりの風は紅く (角川ビーンズ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



有名な中華風ファンタジーのラノベです。有名だから読んでみたいと思い、手に取りました。

時代:前近代風?
場所:架空だけどモチーフは中国
主人公:紅秀麗<こう しゅうれい>(16歳♀)
粗筋:秀麗の家は名家なのに貧乏。なので、秀麗は毎日、アルバイトに忙しい。秀麗の国の王様はいわゆるバカ殿。名家の子であり、貧乏なのをいいことに「大奥に王妃として潜入し、さりげなくバカ殿を教育するという高給のお仕事」が秀麗に持ち込まれる。期間限定でもあり、王はBL趣味なので、夜の心配もないということで、秀麗はその仕事を引き受けるのだが(以下略

感想:えーと、イケメンに囲まれる生活、ウラヤマシイです。まるで、乙女ゲームのよう。ていうか、これ原作にして、乙女ゲーム作れるような気がします。まぁ、貧乏ゆえにめっちゃ苦労もしてるわけでそれを加味すると全然羨ましくはならないのですが。この作品がこの作者さんのデビュー作だというのにはビックリしました。デビュー作でこの出来ならこれからどう展開するのか、めっちゃ楽しみです。楽しめました。

余談になりますが、このシリーズは本編18巻、外伝4巻で構成されています。本編最終巻の『彩雲国物語 紫闇の玉座(下)』が昨日、2011年7月1日に刊行されたそうです。


彩雲国物語   紫闇の玉座(上)   (角川ビーンズ文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
雪乃 紗衣

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 彩雲国物語   紫闇の玉座(上)   (角川ビーンズ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



彩雲国物語 紫闇の玉座(下) (角川ビーンズ文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
2011-06-30
雪乃 紗衣

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 彩雲国物語  紫闇の玉座(下) (角川ビーンズ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
彩雲国物語 はじまりの風は紅く(シリーズ本編第1巻) 節電→読書三昧(予定)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる