節電→読書三昧(予定)

アクセスカウンタ

zoom RSS 彩雲国物語 青嵐にゆれる月草

<<   作成日時 : 2011/07/04 02:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

読書感想文の18回目のエントリーです。

雪乃紗衣 (平成19=2007)『彩雲国物語 青嵐にゆれる月草』(シリーズ<彩雲国物語>11)角川書店(角川ビーンズ文庫)253pp


彩雲国物語―青嵐にゆれる月草 (角川ビーンズ文庫)
角川書店
雪乃 紗衣

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 彩雲国物語―青嵐にゆれる月草 (角川ビーンズ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



彩雲国物語シリーズ(本編全18巻、外伝4巻)の本編11巻目です。(私は図書館で借りてる関係上、シリーズを順番に読んでるわけではないので、シリーズを順番に並べるために、更新日時には細工がしてあります。)

時代:前近代風?
場所:架空だけどモチーフは中国
主人公:紅秀麗<こう しゅうれい>(18歳♀)
粗筋:試験に合格し、念願の国家公務員となった秀麗ちゃん。現在の所属は監査部門。王の妃候補に暗殺計画があるってことで、身替わりを務めつつ、内偵することになったのだけど(以下略

感想:ドラクエで武器に「扇」ってのがあるのですが、それを初めて見たとき、『扇が武器とか^^;』って思ったのですけど、ほんとに、扇を武器に使ってるのですね(まぁ、これもお話なんだけど)。後、とあるゲームに乾坤圏 という格闘武器が出てくるのですが、このお話にも出てきたのがビックリでした。でも、この本の説明によると、「円形で、輪の外側が鋭い刃になって、接近戦で殴ることも切り払うこともできれば、投擲して遠距離の相手を仕留めることも可能な武器(一部抜粋)」となってるのに、あのゲームでは、単なる格闘武器で、投擲は出来なかったはずなので、ちょっと気になって、ネットで検索してみました。やっぱり、元ネタは投擲も出来るようなので、あのゲームが適当に名前を付けてたってことですな、ってことで私の中では決定されました。

画像が少ないと寂しいので、最新刊、貼っておきます。


彩雲国物語 紫闇の玉座(下) (角川ビーンズ文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
2011-06-30
雪乃 紗衣

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 彩雲国物語  紫闇の玉座(下) (角川ビーンズ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
彩雲国物語 青嵐にゆれる月草 節電→読書三昧(予定)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる