節電→読書三昧(予定)

アクセスカウンタ

zoom RSS タイムリープ下

<<   作成日時 : 2012/06/22 11:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

読書感想文の318回目のエントリーです。

高畑京一郎(1997)『タイム・リープ あしたはきのう 下』(シリーズ<タイム・リープ あしたはきのう>下)アスキー・メディアワークス(電撃文庫)207pp

<タイム・リープ あしたはきのう>シリーズ(全2巻)の2巻目です。オススメとのことだったので、図書館で借りてきました。


タイム・リープ―あしたはきのう (下) (電撃文庫 (0147))
メディアワークス
高畑 京一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by タイム・リープ―あしたはきのう (下) (電撃文庫 (0147)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



時代:現代
場所:日本
主人公:鹿島翔香<かしましょうか>(高2・17歳♀)

粗筋:翔香は、ある日突然、前日の記憶がスッポリと抜け落ちてることに気づく。自分の日記を開いてみると、「若松君(クラスメート)に相談しなさい」と書かれていたので相談してみた。徐々にその謎は解明されてきたのだが、翔香にとっては衝撃の事実で(以下略

感想:138p、蔭供の意味がわからなかったのですが、辞書を調べても検索しても出てきません。字面と前後の文章から推測するに、蔭からお供する、ってことでいいのでしょうか?

 183p、江崎新一が何者なのかわからないので、検索したら、『クリス・クロス 混沌の魔王』 という著者の別の作品の登場人物らしいですね。で、江崎と若松はどんな関係の知り合いなんでしょうね?

 186p、「関さんにもいてほしかった」と言っていますが、この関さんて普通に考えれば、高校時代の友人の関鷹志ですよね?なんで、いなかったのか、気になります。

 さて、上下巻通しての感想ですが、めっちゃ面白かったです。タイムトラベル好きはもちろん、ライトノベル好き、SF好きなら読んで損はないのではないでしょうか。オススメしておきます。


クリス・クロス―混沌の魔王 (電撃文庫 (0152))
メディアワークス
高畑 京一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by クリス・クロス―混沌の魔王 (電撃文庫 (0152)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
タイムリープ下 節電→読書三昧(予定)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる